Techonrati
Technorati search

» リンクしているブログ

[« 前の製品へ] [次の製品へ »]

mini-LPC2388ボード

| コメント(0) | トラックバック(0)
mini-LPC2388.JPG
価格:9,500円(税込 10,260円)

「mini-LPC2388」ボードは「LPC2388開発キット」の製品化、コンパクト化したものです。ロジックが同じまま、4層基板、サイズはとコネクタは「kane BeBe III ARM9/2440」と同じです。

「mini-LPC2388」ボードの仕様:
●LPC2388搭載 ●10M/100M Ethernet x 1 ●USB2.0 device/host/OTG ●RS-232 x 2 ●JTAG/ICE ●CAN2.0 x 2 ●SDカードソケット ●DAオーディオアンプ(LM386) ●ADテスト用可変抵抗 ●I2C EEPROM ●SPI DataFlash ●ユーザLED x 1 ●割り込みテスト用ユーザボタン x 1

付属ソフトウェア:
●Webサーバ、電圧とLEDの遠隔監視・制御 ●USBオーディオ、音楽が聞こえる ●USBメモリとして動く ●USBメモリをアクセス ●HIDデバイスとして動く ●SDカードの読み書き、FATファイルシステム付き ●UARTテスト ●ADCテスト ●DACテスト ●DMAテスト ●CANテスト ●割り込みテスト ●RTCテスト

LPC2388の詳細は次の通り。すごい数の周辺IOが搭載されています。

  • 16bit/32bit ARM7TDMI-Sコア、72MHz駆動
  • 512kB フラッシュメモリ
  • 64kB SRAM
  • 16kB SRAM for Ethernet
  • 16kB SRAM for USB
  • Ethernet DMA/USB DMA用のデュアルライン高速バス
  • 外部メモリバス
  • シリアルI/F
    • 10/100 Ethernet Media Access Controller with DMA
    • USB 2.0 device/host/OTG with 4 kB of endpoint RAM and DMA
    • UART x4
    • CAN x2
    • SPI x1
    • SSP x2
    • I2C x3
    • I2S x1
  • その他のI/F
    • SD/MMCメモリカード
    • 104本の汎用I/Oポート
    • 10bit ADC x8
    • 10bit DAC x1
    • TIMER x4
    • 3相PWM x1
    • Real-Time Clock(RTC)
    • RTC電源でバックアップされた2kB SRAM
    • WDT
  • TQFP144パッケージ
  • 3.3v電源
  • 4MHz内蔵RCオシレータ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nissin-tech.com/kanri/mt-tb.cgi/167

コメントする